★ちょっとしたドライブでも加入を忘れずに!1日保険はあなたと友人・家族を守ってくれます!★

「こんな時に限って事故を起こしてしまうなんて」というセリフは。決してドラマや映画の世界だけではありません。保険に加入していない時に限って事故を起こしてしまう、事故に巻き込まれてしまうなんてことはよく聞く話です。特に、普段はハンドルを握らないペーパードライバーにとって、たまのドライブで友人や家族の車を運転し、事故を起こしてしまった場合は任意保険に加入していない扱いになってしまい、多額の賠償金や治療費が請求される恐れがあります。「これくらいなら大丈夫」という心の油断が、お金や人間関係に大きな傷を作ってしまいます。楽しいドライブが一転、最悪の結末に終わってしまわないように、1日保険に加入することを強くおすすめします。1日保険とは、その名の通り1日単位で加入できる自動車保険であり、車を持っていない方が他人の車を運転する際などに向けた保険商品です。手続きは簡単であり、街のコンビニやスマートフォンから手軽に加入できます。コストも良心的であり、1日500円のワンコインで加入可能です。たかが500円、されど500円、このワンコインでもしもの事態が起こったとしても補償を受けることができるため、少しでも他人の車を運転する可能性があるのなら加入しておいて損はありません。事故のみならず故障に対しても充実のロードサービスを受けることができるため、安心してドライブを楽しむことが出来ます。保険会社各社が販売しているため、特徴や口コミ評判を参考に選んでいきましょう。

FireShot-Screen-Capture-#061---'1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版'---1日自動車保険_biz

 

 

 

★1日保険は安くて経済的!ドライバー保険よりもおすすめ!★

1日保険自動車保険は様々な種類がありますが、1日保険として1日単位で補償がつけられる1日自動車保険が注目されています。現在は、都市部を中心にマイカーを持たない人が増えています。そんな人でも帰省した際は車が必要となり、親や兄弟が所有する車を運転する機会もあると思います。そんな時に役立つのが1日自動車保険です。他人の車を運転して事故に遭っても、自分で加入していれば所有者の等級を下げることなく補償を受けることができるため迷惑をかけずに済みます。また、車の所有者が保険料を安くするために運転者範囲を限定していたとしても、事故に遭って無保険車となる心配もありません。1日自動車保険と似たような商品にドライバー保険がありますが、手軽さでは1日保険のほうが勝っています。ドライバー保険は、1日自動車保険のように他人の車を運転する際に加入する商品です。通常の自動車保険と違い、車ではなく運転する人に紐づいた保険となっています。ドライバー保険のネックは、保険期間が最低1年間になることです。定期的に他人の車を運転する人であればいいですが、帰省した際に運転するだけなど年間のうち他人の車を運転する機会がほとんどないのであれば、保険料が割高になってしまい勿体ないです。それなら、1日自動車保険は500円/日から加入できるので全然お得です。ただし、車両保険が付いたら1日1500円ほどになるため、利用回数が年間30日を超えるのであればドライバー保険の方がお得になるという考え方もあります。ただし、ドライバー保険には車両補償はありません。なので、車両補償を付けられる1日自動車保険のほうがやはり優秀となります。もともと1日自動車保険のほうがドライバー保険よりも後から誕生しているので補償内容など充実しています。保険商品は後から発売されたもののほうが優れているという後出しジャンケンな傾向にあるからです。

★1日保険でも車両補償が付けられる!充実の補償でリスクに備える!★

1日自動車保険の車両補償1日保険といえば、海外旅行保険など必要な期間だけ補償が付けられて便利なイメージがありますが、自動車保険でも利用できます。1日保険ではなく1日自動車保険として東京海上、あいおいニッセイ、三井住友海上の3社から発売されている商品が、現在注目を浴び契約者数を増やしています。もともと1日自動車保険が発売される前にはドライバー保険がありましたが、これは契約期間が1年と長めで使い勝手が悪すぎました。そもそも他人の車を運転するのは帰省中の親の車か、友人の車を借りるときくらいです。1年で30日にも満たないなので1日自動車保険の利便性は非常に優れています。しかも1日500円という格安の保険料で加入できます。しかもドライバー保険にない車両補償が付けられるのが強みです。車両補償は事故などで車が損傷した場合に保険金を受け取ることができるので修理費用がかかりません。また、修理が困難な場合は買い替え費用として活用できます。他人の車を傷つけたりしてしまった場合、相手に迷惑をかけてしまいます。お金がないから修理ができない・買い替えできないなんてありえません。したがって、車両補償は必ず付けておいた方が良いでしょう。車両補償を付けるともちろん保険料が上がってしまいます。1日1200円くらいと倍以上になってしまいます。それでも他人の車を借りて運転するので、相手へのマナーとして付けておきましょう。ただし、車両補償を付ける際は、事前に申請が必要となります。最低でも7日前までに登録を済ませておきましょう。急に必要になった場合、1日自動車保険は加入できても車両補償は付けられない点に注意してください。1日自動車保険は等級にも影響を及ぼしません。車の所有者が自分の保険を使って修理するより断然良いです。他人の車を運転する人は運転に慣れていない人も多く、事故のリスクが高まります。しっかりと補償を付けてリスクに備えましょう。

★1日保険の補償内容は大丈夫なのか★

普段車に乗らない方でもたまにはドライブに行ったり、遠出をする機会があったときに、一日保険などを利用すれば安心して車を借りて好きなことができます。一日保険はインターネットやコンビニなどで簡単に申し込みでき、保険料は手ごろなのでかなり便利な自動車保険なのですが、補償内容を理解したうえで加入している方は少ないのかもしれません。
万が一事故をしてしまった場合、事故をした相手、相手の車、一緒に乗っている方への補償、借りている車の賠償などたくさんのリスクがついてきます。ここでは、一日保険の大まかな補償内容をご紹介しますので、加入する際の目安にしていただければ幸いです。まず、一日保険のスタンダードなタイプは、「対人・対物補償」+「搭乗者補償」+付属のオプションが基本となります。このタイプが一番安い500円程度で加入できるプランのようです。このプランに「車両補償」が付いているものが1,500~1,800円くらいの保険料となっているようです。ではこれらの補償はどのような内容なのでしょうか。

・対人・対物補償
この保障は事故をした相手(対人)と相手の車や建物などの物(対物)の補償となります。どの保険会社もこの対人・対物に関してかかる費用は無制限で補償してくれるようです。
・搭乗者補償
搭乗者補償とは、車に乗っている運転手、同乗者が事故をしてケガをして入院した、亡くなってしまった場合の補償となります。
ほとんどの保険会社が1,000万円の補償を付けていますが、通常の自動車保険では人身傷害というさらに内容が充実している保障を付けてあるので、一日保険の搭乗者補償の保障額ではカバーできないケースも出てくることもありますので注意しましょう。
・付属のオプション
付属のオプションは保険会社によってさまざまな特徴があるようですが、運転中のトラブルに対応してもらえるロードサービス特約はどの保険会社も補償されるようです。そのほかのオプションは、保険会社によっては車が故障して乗れなくなった時に車を移動させる費用を補償してもらえたり、宿泊費用が補償されたりなどのオプションが付いている一日保険もあるようです。付属のオプションに関しては、複数の保険会社を比較してみることをおすすめします。また、車両補償も保険会社ごとに補償内容は差がありそうですので、こちらも複数の保険会社を比較した方がよさそうです。

一日保険は、基本的な補償や保険料は保険会社ごとにさほど差はありませんので500円のプランでいいという方は付属のオプションを比較すればいいですが、車両保険もつけて加入したいという方は保険会社各社の補償内容をしっかりチェックしてから加入した方がいいでしょう。

★大人気1日自動車保険のちょいのり保険ってどんな商品?★

4年ほど前から1日自動車保険が発売されていますが、この自動車保険は、ある意味特殊な商品として取り扱われているため、どこの保険会社でも販売されているわけではなく販売している保険会社は東京日動海上、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保の3社のみとなっています。商品名は、東京海上日動火災は「ちょいのり保険」、三井住友海上は「1DAY保険」、あいおいニッセイ同和損保は「ワンデーサポーター」となっています。ここでは、東京日動海上の「ちょいのり保険」の商品内容やおすすめのポイントなどをご紹介したいと思います。ちょいのり保険の補償内容は、対人・対物賠償責任、搭乗者傷害特約が基本補償となっています。対人賠償責任とは、そのなの通り、事故をした相手が亡くなったり、高度障害状態になったり、ケガをしたなどに対する賠償責任をカバーしてくれます。対物賠償責任とは、事故をした相手の車や、電柱や塀などの物を壊したなどに対する賠償責任をカバーしてくれます。搭乗者傷害とは、車を運転する本人や同乗者が事故をしてケガしたり、万が一亡くなったり、高度障害状態になったときの補償となります。ちょいのり保険では、これらの基本補償のみのプランか車両保険をプラスした2プランを選択できます。基本補償のみのプランであれば保険料は500円となりますが、車両保険を付帯すると1000円になりますので、車両保険を付帯するか否かで金額差が発生することになります。車両保険は付帯せずに車を借りた場合、万が一事故をして車を修理することになったら、貸した方の自動車保険でカバーすることが前提となってしまいます。もし、貸主が車両保険に加入していなかったら、貸主から自動車の修理費を請求される可能性があるでしょう。貸主が親族であるなら、そのようなトラブルにはならないのでしょうが、貸した方がご自身の自動車保険を使って修理しなければいけないというのは一般的にみれば納得がいかない話でしょう。親族から借りるのであれば500円でも問題ないだろうが、貸主との関係性を考慮した上で車両保険の有無を検討する必要があるでしょう。ちょいのり保険のおすすめのポイントとして、契約がPCやスマホから完結できるので、当日中に契約が完了し保険がスタートするところです。例えば、友人が急に具合が悪くなり、急遽運転することになった場合なども申し込み手続きが完了すればすぐに乗れるので利用価値は大きいといえるでしょう。さらに、2日間など複数日の運転になっても、最長7日まで契約できるので、1度の契約で複数日の契約にすれば何度も契約手続きをする必要はありません。非常に便利なちょいのり保険ですが、手続きするときの注意点もあります。携帯は必ず契約者ご自身の携帯あるいは2親等以内の端末を利用する必要があります。友人など他人の携帯からは契約できないので注意しましょう。さらに、車両保険は事前登録から7日後でなければ契約できないので、車両保険を付帯したい方は必ず7日前にまでに事前登録しておきましょう。

★1日保険(1日自動車保険)の落とし穴や欠点について★

1日保険は家族や友人に車を借りて運転するときに1日単位で補償を受けられる画期的な自動車保険です。ネットやコンビニで手軽に申し込み手続きができるので便利なのですが、申し込みをする契約者が契約内容や補償の仕組みをきちんと理解して加入している方は少ないのではないでしょうか。ここでは自動車の1日保険に加入するにあたって注意しておいたほうがいい落とし穴や欠点をまとめてみました。

長期休暇に帰省するときや旅行に行く場合のように日程が確定している場合は申し込みをし忘れることはほとんどないでしょうが、頻繁に車を借りて運転する方はうっかり手続きをし忘れて乗ってしまうこともあるかもしれませんので気をつけましょう。1日自動車保険を販売している各社共、1回の申込で契約できる日数は最大7日間となっていますので、複数日車に乗る予定がある場合にはできる限り全日程まとめて申し込みを済ませたほうがいいです。万が一車に乗る日が不確定で尚且つ車に乗る頻度が高い方は、借りる車が家族の車であれば借りる車の自動車保険の年齢条件を変えることをおすすめします。友人など他人の車の場合は、1年契約で加入できるドライバー保険というものがありますのでドライバー保険に加入した方がいいかもしれません。

1日保険で補償の対象とならない自動車についても各社共通で定義されています。補償の対象とならない自動車は、名義が法人名義であったり、貨物登録、二輪・原付、レンタカーとなります。さらに、運転する人(記名被保険者)や運転者を複数人登録した場合、運転する人として登録した人(指定被保険者)の本人または配偶者が所有する自動車も補償の対象外となっていますので注意が必要です。申し込み手続きの流れの中で、上記のいずれかの条件に引っかかる場合には手続きが先に進めなくなるところが欠点といえるでしょう。加入手続きをする前には重要事項説明書や約款を確認しておくことが重要です。

さらに、1日保険の申し込みに対応しているキャリアはNTTドコモ、au、ソフトバンク(Y!mobile含む)のみとなっているので注意が必要です。キャリア契約のスマートフォンでしか申し込めないのは1日自動車保険の大きな課題でしょう。1日保険はドライバー保険では付帯することができない車両保険をつけることができます。これは大きなメリットなのですがこちらも加入条件と補償内容については落とし穴があるのです。 まず、車両保険を付帯したプランに加入したいときには登録を行った日から8日以降に始期日がある場合のみとなります。つまり、初めて申し込みをする場合で、当日契約してすぐ車に乗る必要があるときには車両保険のついたプランは選択できないということになります。ですから車両保険をつけて契約するためには、日にちに余裕を持って事前登録と申し込みをしたほうがいいでしょう。

また、自己負担が必要となる免責金額は10万円又は15万円となりますので、それを超えた部分についてのみ車両保険から支払われるという仕組みとなります。さらに、車両保険で補償を受けられるケースは、借りた車を運転中の事故に限定されますので、駐車中や停車中に、あて逃げや落書き、いたずらなどの被害にあった場合には1日自動車保険の車両保険は使えないということです。1日保険は1日500円から加入できるという手軽さがメリットですが、もし年間を通じてある程度の頻度で車を借りて運転する機会があるとすれば、1年契約のドライバー保険に加入した方が安く済むこともあり得ますので必ずドライバー保険と比較したほうがいいでしょう。

1日自動車保険では、運転者や同乗者のケガに対する補償として搭乗者傷害保険というのが用意されていますが、人身傷害保険は付帯されていません。 このように、1日自動車保険は手ごろで便利でお手頃な価格で加入できる自動車保険ですが、手続き上の制限や補償の制限がかなりあるのでこれらの制限をしっかり理解した上で利用しましょう。

★補償が充実している評判の1DAY保険とは★

1日自動車保険は現在、東京海上日動、三井住友海上、あいおいニッセイ同和の3社から発売されています。他の保険商品と比べると選択肢が豊富だとは言えませんが、この3つの中で最も補償が充実しているのが1DAY保険だと言われています。もともとちょいのり保険が業界初で販売をスタートさせ、その後に他2社も追随したカタチとなるため、どうしても後発組のほうが充実していました。しかし、ちょいのり保険も24時間保険や弁護士費用特約など補償強化を2017年4月から実施しているため、近年はさほど大差がなくなってきました。それでも三井住友海上の1日自動車保険が最強だと言われているのには車内手荷物補償のプランが用意されていることです。手荷物補償は特約補償であるため、付帯させると保険料が上がってしまいますが、車内にあるゴルフバッグやカメラ等の高額な所持品も10万円を限度に補償してもらうことが可能なので安心度が増します。また、他の1日自動車保険の場合、大手携帯電話3社の端末から申込ができませんが、1DAY保険ならセブンイレブンからも申込が行えます。これなら格安スマホユーザーでも1日自動車保険に加入することができるので、より多くの人が利用できる商品となっています。また、1DAY保険の場合は割引制度も充実しており、2回目から割引価格で利用できたり、複数名で加入する場合は2人目から割引価格で利用できたりするので、1日自動車保険を複数回利用することが予想される人にとってはお得となります。1日自動車保険の加入で悩んでいる人は1DAY保険を候補に入れると良いでしょう。

★保険契約期間を半日に設定できる乗るピタ!とは★

ここまで、「ちょいのり保険」「1DAY保険」と人気の1日自動車保険を紹介してきましたが、コストパフォーマンスの良さを求めるなら「乗るピタ!」という1日自動車保険が一番です。

乗るピタ!は損保ジャパンが販売している1日自動車保険で、保険期間を24時間と12時間の2つから選ぶことが可能です。12時間を選んだ場合、保険料はライトプラン(車両補償なし)で800円、基本プラン(車両保険あり)で2,150円、安心プラン(車両保険+
代車費用特約あり)で2,800円。この金額を見ると高いように感じるかもしれませんが、最も充実した安心プランでは人身傷害保険が付帯され、なおかつ借用自動車の事故時代車費用特約までつけることができるため、非常に手厚い補償を得ることができるのです。特に人身傷害保険は、搭乗者に対して過失割合に関わらず保険金が100%支給されるため、事故の際にはとても助かります。
もし安心プランを24時間の設定で契約すると、保険料は3,500円。それに対し、12時間では2,800円。1日2,800円で事故の際の手厚い補償を得られると思えば、決して高くはありません。

また、1日自動車保険を利用しても、24時間ずっとクルマを運転しているという方は少ないでしょう。ちょっとしたドライブや友人とレジャー・スポーツをしに行く程度であれば半日ほどしか車に乗らないということも多くあるかと思います。そんな場合には、乗るピタ!を選べば保険料を最低限に抑えることができるでしょう

一方、ちょいのり保険や1DAY保険と比べてマイナスになる面は、コンビニから加入することができない点です。乗るピタ!は、au、ドコモ、Softbank、その他各種格安スマホ、もしくはパソコンを利用してネットから加入申し込みを行います。そのため、スマホやパソコンが手元にない、または、クレジットカード等をもっていないためコンビニから支払いを行いたいという方にとっては不便です。

乗るピタ!に契約する際には、au、ドコモ、Softbankのスマホ、もしくは格安スマホ・パソコンを用意して手続きを行って下さい。

1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA